スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Huawei が 日本国内で Ascend P7 を発売へ!

  • 2014/08/22 23:10
  • Category: Huawei
Ascend P7

Huawei が 日本国内で SIMロックフリー端末 「Ascend P7」 を発売すると発表しました。「Ascend P7」 は、約5インチ フルHD(1,920×1,080) に、Gorillaガラス3 を搭載するスマートフォンとなっています。また、カメラにはソニー製の裏面照射型CMOSセンサーを搭載するなど、ハイスペックなスマートフォンとなっています。





Ascend P7

Huawei が 日本国内で SIMロックフリー端末 「Ascend P7」 を発売すると発表しました。「Ascend P7」 は、約5インチ フルHD(1,920×1,080) に、Gorillaガラス3 を搭載するスマートフォンとなっています。また、カメラにはソニー製の裏面照射型CMOSセンサーを搭載するなど、ハイスペックなスマートフォンとなっています。


「Ascend P7」は、約5インチ フルHD(1,920×1,080) となっており、ディスプレイの表側・裏側の両方に「Gorillaガラス3」が採用されています。「Gorillaガラス3」が採用されているということもあり、傷がつきにくくなっています。
CPUには、Huawei の子会社である ハイシリコン製の “Hisilicon Kirin 910T 1.8GHz(クアッドコア)” 、RAM は 2GB、ROM(ストレージ)は16GB と全体的にハイスペックになっています。
加えて、microSDHC にも対応しており最大32GBの容量に対応しています。OSは、Android 4.4 (KitKat) となっています。


カメラは、ソニー製の約1,300万画素 裏面照射型CMOSセンサー となっており、F値 2.0 の5枚非球面レンズを採用しています。また、HDR撮影もサポートしています。インカメラには、約800万画素のカメラが採用されており、自撮りも高画質で行うことができます。インタフェースにはオリジナルの「Emotion UI ver2.3」が搭載されています。


本体寸法は、約68.8×139.8×6.5mm、重さは約124g。
通信機能は、LTE、W-CDMA をサポートしており、LTE通信では下り最大150Mbps、上り最大50Mbps の通信機能を備えています。連続待ち受け時間は3Gで422時間、LTEで404時間と、一般的なスマートフォンと同等のレベルを確保しています。
Wi-Fiは、IEEE 802.11 b/g/n/(5GHz帯には非対応)、テザリングも最大8台まで利用可能とのことです。
その他にも、Bluetooth や NFC などを搭載しています。


W-CDMA は、残念ながらFOMAプラスエリアの 800MHz (band 19) に非対応のため、山間部では圏外となる可能性があります。東京都・大阪府・名古屋市 及びその周辺地域では問題なく使用できると思われます。


価格は 46,800円で、9月5日に発売される予定です。


情報源 : ケータイWatch
Huawei
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://reviewonreview.blog67.fc2.com/tb.php/2152-605417e5

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

広告

アクセスカウンター

サイト運営者

【管理人】
k.kingdom

【副管理人】
Yosio

Android工房

ブログタイムズ

広告2

携帯音楽プレイヤー

■Sony walkman
■iPod

ランキング

にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ
にほんブログ村 携帯ブログ 携帯情報へ

Twitter

ユーザータグ

タグ+カテゴリ クラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。