スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次期 Xperia Tablet (Castor) が技適を通過! KDDI版は WiMAX 2+ に対応か?!

Xperia Tablet Z1

Sony Mobile が現在開発中と考えられている「Xperia Tablet Z」の後継機種「Xperia Tablet (Castor)」が技適を通過したことが明らかになりました。また、KDDI版については「WiMAX 2+」に対応すると考えらています。





Xperia Tablet Z1

Sony Mobile が現在開発中と考えられている「Xperia Tablet Z」の後継機種「Xperia Tablet (Castor)」が技適を通過したことが明らかになりました。また、KDDI版については「WiMAX 2+」に対応すると考えらています。



モバイルネットワークは、LTE 2100(B1) / 800(B18) MHz、WiMAX Release 2.1 Additional Elements 2500(B41) MHz、CDMA2000 2100(BC6) / 800(BC0) MHz で通過しています。
WiMAX Release 2.1 Additional Elements方式は、KDDIの関連会社で「WiMAX」事業を展開している「UQ Communications」が提供し「WiMAX 2+」に対応する見通しです。



WiMAX Release 2.1 Additional Elements方式は、TDD-LTE方式と互換性があり、LTE と WiMAX 2+ の両方に対応するように設計されています。そのため1つのLTEのモジュールで2つの電波方式を利用することが可能となっていると考えられています。




無線LANは、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac に対応する見通しです。メーカー型番は「TM-0440-BV」となっており、コードネームは「Castor」だと思われます。「WiMAX 2+」に対応する時点で「TM-0440-BV」はKDDIから発売されることが決定的になっています。



スペックは、Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974AB (クアッドコア) を搭載すると思われます。「Xperia Tablet Z」が登場して1年が経つことから、「Xperia Tablet Z」の後継機種として開発されているものだと考えられます。



また「TM-0043-BV」という型番も通過しており、こちらはNTTドコモから発売されるものだと考えられます。



総務省
FCC


関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://reviewonreview.blog67.fc2.com/tb.php/2047-1def0950

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

広告

アクセスカウンター

サイト運営者

【管理人】
k.kingdom

【副管理人】
Yosio

Android工房

ブログタイムズ

広告2

携帯音楽プレイヤー

■Sony walkman
■iPod

ランキング

にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ
にほんブログ村 携帯ブログ 携帯情報へ

Twitter

ユーザータグ

タグ+カテゴリ クラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。