スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモが「海外1dayパケ」を12月2日から提供開始へ

海外パケ

NTTドコモが「海外1dayパケ」を12月2日から提供すると発表しました。この「海外1dayパケ」は、申し込みから24時間の間、対象国でのパケット通信が「定額980円~1,580円/24時間」になるサービスです。なお、料金は「海外パケ・ホーダイ」よりも低く設定されていますが、30MBを超えると速度が遅くなります。





海外パケ

NTTドコモが「海外1dayパケ」を12月2日から提供すると発表しました。この「海外1dayパケ」は、申し込みから24時間の間、対象国でのパケット通信が「定額980円~1,580円/24時間」になるサービスです。なお、料金は「海外パケ・ホーダイ」よりも低く設定されていますが、30MBを超えると速度が遅くなります。


従来の「海外パケ・ホーダイ」では、1日の日付単位で管理されており料金も全世界一律の最大2,980円/日(24.4MB以上使用の場合)でした。その代り、どれだけ使っても定額になっているので「スマートフォン」で動画を観ても、「テザリング」接続でパソコンとスマートフォンを接続してネットや動画等を見ても2,980円以上行かない仕組みでした。


今回発表された「海外1dayパケ」は利用開始から24時間の間、国によっての料金が変わりますが 定額980円・1,280円・1,580円/24時間 でパケット通信が可能となっています。この辺りは、『日付』か『24時間』ごと、値段を除けば「海外パケ・ホーダイ」と同じです。
しかし安い分、使用したデータ容量が30MBを超えると最大通信速度が最大16kbpsになります。この速度ではネットで検索どころかマップさえも使うのが厳しいです…。



ということで、結論から言えば「LINE」でチャットする程度や「Twitter」などのSNSで画像を開かなければ24時間、本来の速度で十分に使うことが出来ます。恐らく、そういう意図があって設定された新しいプランだと考えられます。
海外でもスマートフォンをヘビーに使うユーザーやパソコンに接続して使う予定がある方は「海外パケ・ホーダイ」を強くオススメしたいと思います。




なお、「海外パケホーダイ」は事前の申し込みが不必要ですが「海外1dayパケ」は必要となります。申し込みは、ドコモショップやドコモインフォメーションセンター、My docomo(サイト)で可能です。実際にご使用になる場合は、専用アプリ「海外1day開始」で「利用開始」を押すか、電話で「*135*1#」をダイヤルする必要があります。


「海外1dayパケ」の国別料金は以下の通りです。

■ 定額980円/24時間 対象国

韓国、台湾、香港、インドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、マカオ、マレーシア、グアム、サイパン


■ 定額1,280円/24時間 対象国

中国、オーストラリア、イギリス、イタリア・バチカン、オーストリア、オランダ、スペイン、ドイツ、フランス、カナダ、など


■ 定額1,580円/24時間 対象国

アメリカ(本土)・ハワイ、インド、フィリピン、ニュージーランド、スイス、トルコ、ロシア、ブラジル、アラブ首長国連邦、エジプト、など



NTTドコモ
海外1dayパケ
海外パケ・ホーダイ


関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://reviewonreview.blog67.fc2.com/tb.php/1976-05d99402

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

広告

アクセスカウンター

サイト運営者

【管理人】
k.kingdom

【副管理人】
Yosio

Android工房

ブログタイムズ

広告2

携帯音楽プレイヤー

■Sony walkman
■iPod

ランキング

にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ
にほんブログ村 携帯ブログ 携帯情報へ

Twitter

ユーザータグ

タグ+カテゴリ クラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。