スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTTドコモが 「Tizen(タイゼン)」 搭載のスマホの投入を見送りへ

タイゼン

NTTドコモが年内に投入を目標にしていた第3のOS「Tizen(タイゼン)」を採用したスマートフォンの投入を来年前半に延期することが明らかになりました。





タイゼン

NTTドコモが年内に投入を目標にしていた第3のOS「Tizen(タイゼン)」を採用したスマートフォンの投入を来年前半に延期することが明らかになりました。


延期の理由としては、ドコモ向けの機能を搭載するための開発が遅れているため。


なお、端末は韓国のサムスン製の端末を投入する予定の模様。


「Tizen(タイゼン)」とは、サムスンとインテルが主導となって開発を進めているスマートフォン向けの第3のOSです。現在は、Android や iOS と言った OS が市場を握っています。アップルの iOS は、自社製スマートフォンのみにしか搭載されておらず、アプリの開発面で様々な制約や禁止事項がありました。
また、Google が提供する Android ではスペック・アプリ面が自由とは言え、OS側の要求スペックが高いため、各社とも同じような端末が完成し、他社との区別がしにくいという欠点がありました。


「Tizen」は、メーカー主導で OS の開発を進めているもの、完全なるオープンソースのためメーカー各社が様々なオリジナリティを出すことが出来ます。例えば、ブラウジングやメール、電話などのように機能を絞り込み、低スペックにし、低価格で販売することや、逆に最新テクノロジなどを惜しみなく搭載したハイエンドモデルの端末を作ることも可能です。

加えてキャリア側は、キャリア独自のコンテンツを提供しやすくなるため、App Store や Google Play Store のようなマーケットにアプリ課金の手数料を取られる心配もなく、独自コンテンツの提供による増益が期待できます。



しかし、今更、日本で第3のOSが普及するとは到底思えませんが…。


Yahoo!ニュース


関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://reviewonreview.blog67.fc2.com/tb.php/1912-8a484e24

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

広告

アクセスカウンター

サイト運営者

【管理人】
k.kingdom

【副管理人】
Yosio

Android工房

ブログタイムズ

広告2

携帯音楽プレイヤー

■Sony walkman
■iPod

ランキング

にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ
にほんブログ村 携帯ブログ 携帯情報へ

Twitter

ユーザータグ

タグ+カテゴリ クラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。