スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xperia Z1 は、NTTドコモ と au by KDDI の2社から提供される!

Xperia Z1 防水_R

ソニー・モバイルが先日 IFA 2013 で発表され、日本での展示も始まった「Xperia Z1」ですが、年内にも NTTドコモau by KDDI から発売されると日本経済新聞が報じています。






Xperia Z1 防水_R

ソニー・モバイルが先日 IFA 2013 で発表され、日本での展示も始まった「Xperia Z1」ですが、年内にも NTTドコモau by KDDI から発売されると日本経済新聞が報じています。



日本経済新聞によると、ソニーは、スマートフォンの国内販売戦略を転換し、今までフラッグシップモデルを“NTTドコモ”のみに提供していましたが、ドコモが iPhone の取り扱いを始めるに伴い、シェアが下がる可能性が浮上したため“au by KDDI”にもフラッグシップモデルを提供するとのことです。


ソニーは9月13日に発表したフラッグシップモデル「Xperia Z1」をドコモとKDDIに提供することを合意。このソースはKDDI関係者からのようです。ソニーの供給数量は明らかにしない方針。ドコモとKDDIは、早ければ10月に開く2013年秋冬モデルの発表会の場で「Xperia Z1」を iPhone に次ぐ「中核モデル」として販売するとみられます。



「Xperia Z1」は、“One Sony”を掲げたソニーの技術が贅沢に採用された第2段のスマートフォンとなっています。今回の目玉は、最先端のカメラ技術を採用したことにより、“Gレンズ”や“画像処理エンジンBIONZ”が搭載された約2,080万画素の高画質カメラです。



今まで、KDDI版はフラッグシップモデル(グローバルモデル)を少しカスタマイズされたものが発売されていました。「Xperia UL」も中身は「Xperia Z」でしたが、バッテリーの取り外しが可能だったり、通知ランプが画面下部に設置されたりとカスタマイズされていました。
今後は、グローバル版のフラッグシップモデルをそのまま“NTTドコモ”と“au by KDDI”が発売するとのことですが、日本では必須な「おサイフケータイ」「ワンセグ(フルセグ?)」は搭載されると思われます。


日本経済新聞

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://reviewonreview.blog67.fc2.com/tb.php/1853-0928f020

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

広告

アクセスカウンター

サイト運営者

【管理人】
k.kingdom

【副管理人】
Yosio

Android工房

ブログタイムズ

広告2

携帯音楽プレイヤー

■Sony walkman
■iPod

ランキング

にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ
にほんブログ村 携帯ブログ 携帯情報へ

Twitter

ユーザータグ

タグ+カテゴリ クラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。